若手鍛冶職人 森瑞稀さん MIZUKI MORI YOUNG BLACKSMITH

posted in: 未分類 | 0

2

 

 

 

若手鍛冶職人
_________

 

昨年弊社では、鍛冶職人さんの「若手職人募集」のお手伝いをしました。

森さんが「包丁を作る鍛冶屋になりたい」と思ったのは工業高校在籍中でした。何度かの体験作業で腕を見込まれた森さんは、卒業後18歳にして無事、鍛冶屋さんで働き始めることになりました。

かつてより『分業による包丁作り』を行う堺では、一旦鍛冶職人として就職すると、後工程を担う他社での仕事を経験するチャンスはまず訪れません。
そこで、森さんには少しでもよりよく包丁作りの全体像を知ってもらおうと、弊社で担当する柄挿げ作業を体験してもらいました。

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

堺製の包丁は間に合わず、三条製の包丁で練習です。
切銘にもチャレンジです。(彼女は左利きです)
熱心に説明を聞く姿が印象的でした。
後継者がどんどん減っていくなか、立派な鍛冶職人さんになり近い将来の堺の刃物業界を支えてくれると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5

 

 

Questions and Answers
_________

 

Q)「包丁を扱う職人になりたい、あるいは鍛冶屋になりたいと思っている若い世代の人に、あなたは何と伝えますか?」

A)『やる気さえあれば、女性でも鍛冶屋になれるということを伝えたいです!』

 

Q) what would you say to the younger generation, if they are interested in working in the knife industry or want to be a blacksmith?

A) If you really have a strong motivation, eve girls can be a blacksmith .

 

 

 

 

Young Blacksmith
_________

 

We’ve helped the Taka blacksmith look for new blacksmith. Mizuki Mori was in Highscool when she became interested in Japanese cooking knives. She started working as a blacksmith at the age of 18 after she graduated.
We have several process to make kitchen knives and each one is done by a separated company.
Once you start to work as a blacksmith, you’ll never have the chance to experience all the process of knife making.
We asked her to experience the handle installing process in our office to know more about the whole knife making process.
We couldn’t prepare Sakai knives but installed the knives made in Sanjo city.
She also tried engraving. (She’s left-handed)
She listened to the explanation eagerly.
We have fewer and fewer young craftsman in Sakai knife industry.
We hope she’ll be a great blacksmith!