稀逢 (けいあい)
_____

 

日本各地にはさまざまな包丁産地があり、全国的に鍛冶屋が減少していくなかでも健闘している職人さん方も沢山おられます。

そんな皆さんと接する中、幸之祐のイメージとはやや違うものの、皆さんにご紹介したい包丁が少しずつ出てきました。

それは「品質の割に手頃な価格帯のもの」や、「“やや量産寄り”の作り方のもの」などが含まれるのですが、今まであまり知られることはないものの、確かな技術を積み上げられてきた職人さんを応援したいという気持ちもあり、新たなブランド“稀逢”(けいあい)としてご紹介することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろんこれらの包丁も、単に仕入れるだけではなく、弊社の要望もたくさんお伝えした上で出来上がったオリジナルの包丁です。

様々な人脈や偶然を経なければ実現することのできない、”稀な出逢い”をこれからも探していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Keiai

_________

 

There are several places of knife industry in Japan.
The number of blacksmith is getting fewer and fewer but still many craftsmans are making good knives.

With seeing them, we found more and more knives which we want to show to the people even though the image is slightly different from Konosuke.

Those includes lower priced one compared to the quality or some processes are done by
mas-production machines.
We also want to encourage such a kind of unidentified workmans who has a good skill,
then we launched new brand “Keiai”.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Keiai knives are also our original knives made by not only their original skills but also with our additional requests.
“Keiai” means “rare encounter”.We’ll keep looking for the hidden craftsmans with following personal connections and a chance.